• このエントリーをはてなブックマークに追加

発汗浴でデトックス!エプソムソルトバスの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

blog

発汗浴大好き

どうも。フロラーのUshioです。以前の記事にも書きましたが、運動は苦手だが汗をかくのは好きで、サウナや長風呂が好き。

ipadをZiplocに入れて、Huluで映画や海外ドラマを見ながら2時間はダラダラと。デトックスなどと言いますが、体から悪いものが全部出る気がするんですよね。

→以前の記事:「疲労回復にクエン酸風呂

クエン酸も切れるし、Amazonで購入しようかな~と思って調べたところ、エプソムソルトバスってのが目に入った。なんだそれって調べると安いし、うれしい効果たくさんじゃないですか。実際購入して使用してみると、まず汗ダラダラ!”唐辛子成分で発汗”みたいな入浴剤より明らかに発汗には効果ある!!

こいつはいいと思ったので皆さまにも紹介です。

こちらもおススメ

梅干し疲労回復効果、疲れにくい体質作りのためのクエン酸/お酢風呂

スポンサーリンク
Sponsords Link

エプソムソルトバスとは!

エプソムソルトとはエプソム塩とも呼ばれるが、「硫酸マグネシウム (magnesium sulfate)」の一般的な名称。化学式は MgSO4 で示す、硫酸とマグネシウムの無機化合物である。塩の名が付いているが硫酸マグネシウムの純粋な結晶で、塩分は含んでいない。15世紀~16世紀にイングランドのエプソムという場所で発見され、見た目が白く塩に似ていたためにその名が付いたと言われている。

エプソムソルトは欧米では多くの家庭に普及しており、一般的にバスソルトとして使用されている。その他、医薬品や植物の肥料としても用途がある。バスソルトには天然塩を成分としたものもあるが、エプソムソルトは塩分を含まず、無色・無臭のマグネシウムの結晶で、水に溶けやすい性質を持つ。市販されている入浴剤の成分に含まれているものもある。

エプソムソルトは不足しているマグネシウムを入浴することで皮膚から吸収し補給する有効な手段とされている。 あくまで入浴剤であり、直接口から摂取するのは胃腸への刺激が強すぎるために避けたほうが良い。

引用元:Wikipediaエプソムソルト

欧米では日常的に使用するバスソルトとして常識のようですね。ダイエットや撮影前のモデルさんも常用しているとのこと。

エプソムソルトバスの効果

・発汗による代謝活性化によるダイエット効果

・マグネシウムの血管縮小抑制効果による偏頭痛予防

・同様に、筋肉に蓄積される疲労物質(乳酸)を運び出すことで疲労回復

・肩こり、腰痛、筋肉痛

・便秘解消

・毒素排出(デトックス)効果

エプソムソルトバス方法

①浴槽150ℓにエプソムソルト150~300g(150~300cc)を入れる。
※お湯に対してエプソムソルトを1%以上入れる。大よそ軽量カップで1CUP入れればOKかと。

②よく混ぜる

③入浴前にコップ二杯のお水で水分補給

④39℃~41℃の温度で20分程度の入浴をする

⑤入浴中、適宜水分補給を

※注意
長時間入浴する際には、湯の温度が下がり、体からせっかく排出した毒素が戻ってしまう可能性もあるためほどほどに。

どこに売ってる?高いの?

価格はおおよそ1g=1円以下。1キロが千円しないくらいです。

安い!

薬局や、インターネット通販で購入可能。参考に私が使用しているものを紹介します。

さて、いかがでしたでしょうか。風呂上がりの保湿についてお勧めの記事も書いています。

お勧め美容!ハトムギ化粧水とニベア青缶が至高

是非やってみてください。

ZacoUshio

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link