• このエントリーをはてなブックマークに追加

【linux豆知識】lsコマンドの便利なオプション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sl
zaco muraです。

サーバエンジニアであれば間違いなく毎日使うであろうコマンドにlsコマンドがあります。このコマンドも実はいろいろとオプションがあるようなので調べてみました。

大前提:lsコマンドとは

基本的にはディレクトリ内のファイル一覧を表示するコマンドです。

1ファイルを1行毎に表示 : -l

[zacomura@zacodesign test]$ ls -l
total 0
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 0 Nov 11 12:32 aaa.txt
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 0 Nov 11 12:32 bbb.txt

最近のCentOSなどでは短縮系として ll でも実行できます。

[zacomura@zacodesign test]$ ll
total 0
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 0 Nov 11 12:32 aaa.txt
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 0 Nov 11 12:32 bbb.txt

隠しファイルも含めて表示 : -a / -A

[zacomura@zacodesign test]$ ls
aaa.txt  bbb.txt
[zacomura@zacodesign test]$ ls -a
.  ..  .ccc.txt  aaa.txt  bbb.txt

ちなみに”.”はカレントディレクトリを、”..”は一つ上のディレクトリを意味しています。
これを表示したくない場合には -A オプションを使います。

[zacomura@zacodesign test]$ ls
aaa.txt  bbb.txt
[zacomura@zacodesign test]$ ls -A
.ccc.txt  aaa.txt  bbb.txt

時間でソートして表示 : -t / -tr

[zacomura@zacodesign test]$ ls -lt
total 0
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 0 Nov 11 12:40 bbb.txt
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 0 Nov 11 12:32 aaa.txt

新しいものが下に来るようにするには”-r”オプションも合わせて使います。
(こちらのほうが一般的な気がします)

[zacomura@zacodesign test]$ ls -ltr
total 0
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 0 Nov 11 12:32 aaa.txt
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 0 Nov 11 12:40 bbb.txt

サイズをわかりやすく表示 : -h

[zacomura@zacodesign test]$ ls -l
total 2112
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura  168894 Nov 11 12:45 aaa.txt
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 1988895 Nov 11 12:45 bbb.txt
[zacomura@zacodesign test]$ ls -lh
total 2.1M
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 165K Nov 11 12:45 aaa.txt
-rw-rw-r-- 1 zacomura zacomura 1.9M Nov 11 12:45 bbb.txt

上記のように k や M 単位で表示してくれるため見やすくなります。

ファイル名だけを1行毎に表示 : -1

[zacomura@zacodesign test]$ ls -1
aaa.txt
bbb.txt

上記のようにファイル名だけをリスト表示してくれるためシェルスクリプトなどで
一括処理する場合に重宝します。

おまけ

あまり関係ないですが、slと言うコマンドもあります。lsを打ち間違った時に列車が画面を横断するというなんだかほんわかするコマンドです。
実行すると以下の動画のようになります。

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link