• このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキシー環境でのvirt-installでコロンが打てない問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

colon
zaco muraです。

ubuntuのnet-installをしようとしたところ、”:”(コロン)が打てなくて困ったことがあったのでメモ。

経緯

OpenStackの環境でubuntuのイメージを作ろうと思い、公式ドキュメントを参考に作業してました。社内環境なのでインターネットに直結していないためプロキシーを使っていて、その設定のところで”http://proxy-server:8080″と打ちたいのですが、コロンが打てない。地味に困りました。

原因

キーボードの設定が良くないみたいで、日本語キーボードを選択しても実際にはうまく設定されていないようでした。他の文字も正しく打てません。

対処法

いろいろ試しましたが、設定変更では対処できませんでした。(キーボード設定を変えると打てる文字が変わるので、どこかにコロンが打てる設定があるかもしれませんが。。)
で、インストールの方法自体を変えてテキストインストールにすることで解決しました。

変更前のvirt-installコマンド
変更前は、vncを使ってコンソールログインする方法でした。これではキーボードがうまくいきません。

[root@server ~]# virt-install --virt-type kvm \
--name trusty --ram 1024  \
--cdrom=/var/image/mini.iso \
--disk /tmp/trusty.qcow2,format=qcow2 \
--network network=default \
--graphics vnc,listen=0.0.0.0 \
--noautoconsole \
--os-type=linux

変更後のvirt-installコマンド
うまく行ったのは以下のコマンドです。これでテキストインストールができます。

[root@server ~]# virt-install --virt-type kvm 
--os-type linux \
--name ubuntu14.04 \
--arch x86_64 \ 
--vcpus=1 \
--ram 1024 \
--network network=default \
--graphics none \
--console pty,target_type=serial \
--disk path=/tmp/trusty.qcow2,size=1 \
--location='http://archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/trusty/main/installer-amd64/' \
--extra-args="noverifyssl console=ttyS0,115200n8 serial"

重要な部分は

–graphics none
–console pty,target_type=serial

の辺りになります。これによりテキストインストールで進められます。

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link