• このエントリーをはてなブックマークに追加

【MVNO】音声対応OCNモバイルONEに切り替えてみた!メリットデメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTCommunications

スポンサーリンク
Sponsords Link

携帯料金、一万円弱払っていませんか?

こんにちは。

MNOからMNVOの音声SIMにMNPしちゃったUshioです。意味わかりませんね。簡単に言うと格安SIMに本格移行してみたってわけで、1か月弱使用してみて感じたメリットデメリットを書こうと思う。

何よりも今まで7,000円~8,000円払っていた携帯代が3000円程度になるのは嬉しすぎる。

最初に…

・MNOMobile Network Operator)
移動体通信事業者のことで、ドコモとかKDDIとかソフトバンクとかとかのこと。通信事業者をキャリアなんていいますね。

・MVNOMobile Virtual Network Operator)
”仮想”移動体通信事業者のことで、上のNMOからインフラ(回線など通信設備)を借用して、移動体通信サービスを提供している会社。OCNモバイルONEのNTTコミュニケーションズや、IIJmioのIIJなどなど。

・MNPMobile Number Portability)
ご存じナンバーポータビリティ。他キャリアに契約変更する際、元キャリアで使用していた携帯番号をそのまま移行すること。

そう、冒頭書いたのは、”今までソフトバンクだったんだけど、NTTCommunicationsのOCNモバイルONE(音声対応)に元々の番号のまま移行したんだよ”、”携帯使用における固定支出が10,000円弱から3,000円になったよ”ってことです。

OCNモバイルONEに移行してみたメリット・デメリット

さて、本題のメリットデメリットを書いてみよう。ZacoMura氏も、IIJにしようかな~なんて言っていたので、将来的に他MVNOとの比較も書きたい。下記においては、OCNモバイルONEにしてみた体験談であり、MVNOにおける一般的な部分も含まれる。

デメリット

決して広告じゃなくレビューなので、まずはデメリットを知りたい方が多いと思うので先に。

①混雑した場所で、通信が遅くなる場合がある
人混み

→外出先のLET網を使用して高画質の写真や動画をWEBにアップしたい人には向かないかもですね。絶対に、渋谷や新宿の真ん中、通勤電車でSNSに高速で画像をアップしたいんだ!って人はどうぞ、MNOに1万円弱を払ってください。私は千葉のテーマパーク付近で勤務したり、通勤に渋谷を通ったりするが、不便を感じることは今のところない。確かに昼時に通信が重いかな~と思ったりするが、気にならない程度。
◆関連して配慮したい重要事項:災害時の通信手段としては使えないと思った方がいい
先に書いたようにMVNOはMNOに一部インフラを借用しているサービス。もちろんだが、MNOと直接契約している人の通信が優先だからこういう”混雑時には遅いかも”が発生する。
思い出してほしい。関東大震災のとき、携帯通話はほとんど使えなかったと思う。キャリア側としては、MNOを契約している人が優先になることは安易に想像がつくだろう。
かくいう私は、数少ない公衆電話に並ぶ心づもりだ。

②通話料金が高くなる可能性がある
通話料金

今までMNOのサービスで割引を適用していた場合は、きっと時間単位の通話料は高くなる。もちろん、OCNモバイルONEに”通話し放題”のプランは無い。仕事でプライベート携帯を使用してバリバリ通話するゼって人には向かない。スマホはデータ契約のみ。ガラケーをもう一台持ってMNO契約で通話し放題って手段を取る人は多いみたいですね。

高くなる一方でなく救済手段もあるので、それは事項にも補足

③050plus、音質悪すぎ
050plus

酷評書くと怒られそうですが事実。050plusは通話コストを落とす手段としてメリットにも書くが、ここでは悪い点を。
思ったこと。電話屋の通話品質がLINEやSkypeに音声品質負けてるって、どういうこと?ノイズもひどいし、つながりにくいし。一時よりはマシになったようですが、改善してほしい点ですね。※IP対公衆とIP対IPでコーデック等しくみが違ったり、難しいのはちょっとはわかってるつもり(本当つもり)。ただ、”一般の人はそう思う”を正直に。

④OCN工事
OCNモバイルONEアプリ

これはタイミング悪かっただけかもしれない。エンジニアは夜間工事が多い。世の中のサービスが停止していい時間帯に工事する。NTTCommunications側の工事で、サービスの切り替え等が夜間に行えなくて困ったことがあった。そう、我々エンジニアは、夜間にスマホで調べものをしてトラブルを乗り切るのだ。
愚痴になるが、たまたま夕方、OCNモバイルONEアプリで通信速度を「高速モード」から「低速モード」に切り替えていた。(正式にはターボモードON/OFF※OFFにすると月の利用容量を加算しない低速モードになる)そのまま忘れてて夜間工事に入ったわけです。何調べても回線低速なのでレスポンス悪くイライラ…高速モードに切り替えようとすると
OCN工事中
おいおい、設定戻せないじゃないか…。個人的な恨みですが笑

④キャリアメールが使用できなくなる
Gmail
もちろん、MNOは解約するわけなので、~@docomo、@softbank、@ezwebのメールは使用できなくなります。もはや今時使用していないですね。それにしても、携帯メールしか登録できないサービスもあるので、自分がメールを登録しているサービスについてよく調べましょう。私が不便に対峙していないため、正直デメリットに感じておらず。。
え、メールなくなるの?どうするの?という方、例えばGmailであれば5分でアカウント作成できますね。

まぁ、感じたデメリットはこの程度。正直メリットの方が私にとっては大きい。SMS(携帯番号でのショートメール)も使える、FacebookやLINEの年齢認証も問題なし。

メリット

①固定費が10,000円弱から3,000円へ!
節約
正直このメリットが大きすぎる。私は音声SIMの5ギガプラン。正式な金額の比較は別にするとして、おおよそ3,000円くらいになる。そうすると、毎月7,000円の節約!これは一年間で84,000円の節約!!!あれ?新しい携帯端末も買えちゃいそうですね。
私はソフトバンクiPhoneだったので、このためにiPhone 6sのSIMフリー版を一括購入した。また、ソフトバンクの解約月でも無かったが、解約料も払った。10万超えの支出は大きいが、長い目で見ると間違いなく安い。借金の利子と考えは同じだが、MNOの2年縛り、のような契約における束縛からは早めに脱出しよう!

②NTTCommunicationsオンラインストレージ”マイポケット”における通信費が無料!
マイポケット
外でSNSに画像をたくさんアップしたい、という人には嬉しい。NTTコムのストレージサービスマイポケットへのアップ、ダウンロードの通信は月5ギガの容量制限には影響しないのだ。マイポケットはSNSへの連携機能を持っていて、これを利用すれば通信容量節約が可能だろう。
因みにマイポケットの月額300円は有料。ここも無料にしてほしいなNTTComさん。

③050Plusで通話料節約
050Plusjpg
音声SIM契約であれば、NTTCommunicationsのIP電話サービス”050Plus”が月額300円のところが無料でついてくる。(サービス利用料が無料であり、通話料無料ではない)
通話料は携帯通話が20円/30秒のところ下記の通り
・050Plus同士は通話料無料
・固定電話へは9円弱/3分
・携帯電話へは17円弱/1分
→携帯電話発信の大よそ半額
これは助かりますね。まぁ、ただし音質は劣る。

4つくらい書きたかったけど、うーん、こんなもんかな。Wifiサービス等々、いろいろ試してみたらまた記事書きます。何回も言うけど、固定費ってのは長い目で見ると本当大きい。
既婚者の方は、奥さんに”これに切り替える代わりにバイク/車等を買わせて”という家庭内稟議の材料になるのでは?

くれぐれも、災害時の通信手段という部分、しっかり考えて切り替えよう。公衆電話に3時間並ぼう。

Zaco Ushio

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link