• このエントリーをはてなブックマークに追加

【エイジングレザー】革のお手入れの方法 その2 お手入れ手順編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レザー

靴磨きは男の嗜み、サラリーマンの武器手入れ

サラリーマンの鑑、Ushioです。

今回は、前回にひきつづき、革靴のお手入れです。

こちらもご覧ください

シューキーパ【エイジングレザー】革のお手入れの方法 その1 お手入れの道具編

スポンサーリンク
Sponsords Link

革靴のお手入れの手順

さて、本題の革靴のお手入れの手順です。

今回は基本的に「オイルレザー(オイルドレザー)」か「ガラス革(ガラスレザー)」の日常のお手入れ方法。ま、厳密にやる職人さんは、道具やお手入れ剤を変えるのでしょうが、基本的には前回の必須アイテムさえあれば問題ないと思っている。

◆今回お手入れする靴

・REGALのローファー(ガラス革)
お仕事でほぼ毎日履いています。現場事務所が土足禁止なので、一日で脱ぎ履きが多くなるため、前回宝物として紹介した茶色のオーダシューズは殆ど履いていきません。脱ぎ履きでついカカト壊してしまうのでね。
世の黒い革靴はガラス革が多いと思う。何もしなくてもテカテカしていて、汚れにくい。いい意味でお手入れの手間が少ないが、悪い意味で「エイジング」としてはお手入れしがいが無い。ね、磨く前から別にツヤあるよね。

IMG_6510

・まだまだ新しいMOTORのレースアップブーツ(オイルドレザー)
トゥが少し汚れてるかな、ツヤが少し少ないかなって程度ですね。題材が悪くてすみません。
往々にして、味を楽しむなら茶色系のナチュラルカラーがいい。最近忙しいから、黒系がメインになってしまっています…

IMG_6517

手順①:ヨゴレを落とそう!

・馬毛ブラシでさっさっと。ブーツの砂を落とす、靴底とアッパー(底以外の部分のこと)の隙間の砂、ホコリを落とす。馬毛ブラシは必須アイテムにしてないので持ってなかったら、フーフーするだけでいいかも(O型)

IMG_6533

・クリーナで表面の古いクリーム等を落とす

ガラス革のREGALのローファーはほとんど変わらないですね。茶色のオイルレザー等だと、ツヤが全くなくなります。

IMG_6512

オイルドレザーのMOTORブーツも、新しすぎてツヤが無くなる感じ良くわかりませんね。まぁ、実物は表面についていたヨゴレ、飛散した物(ジュースかな、げろかな笑)がきれいに落ちたことが分かります。

IMG_6521 IMG_6522

②シュークリームを薄く均等に塗ろう!

豚毛のペネトレイトブラシで均等に伸ばしていく。靴底とアッパーの隙間までしっかりね。

IMG_6535

ローファーは少しクリームの筋が見えるかな程度ですね。

IMG_6513

IMG_6524 IMG_6525

③大きな豚毛ブラシで不要なクリームを落としてツヤを出そう!

豚毛ブラシで表面をさっさっさっと擦るとわかるでしょう。ツヤが出ますよね。

・こんな感じで仕上がり

ガラス革はビフォーアフターわかりませんね。逆に購入検討している人で、面倒くさがりな人はガラス革をチョイスするといいかもしれませんね。

IMG_6514 IMG_6515

オイルのブーツの方はちょっとわかりますね!ツヤが出ますよね。

IMG_6527 IMG_6528IMG_6530

ハイシャインなどは、今日は割愛。

あ、また紹介するかもしれませんが、雨の日のお出かけ前にさっと革用防水スプレーを振るといいですよ。ちなみに防水スプレーもクリーム類も、塗りすぎは革へのダメージなので気を付けて。きっと私くらいある程度適当なほうが程よいんだと思います(O型)

ではまた

ZacoUshio

レザーのお手入れアイテムは下記

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link