• このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressインストール手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ushioです。

WordPressのインストール方法について、wp-configファイルの設定について書きたい。

一連の流れを見ていただく方はこちら

CentOS上にWP向け環境の構築から一連の準備をしたい方はこちら。

Wordpress

CentOSへのWordpressインストール手順

WordPress インストール

まずは公式ページからWordpressをダウンロードしよう。サーバからwgetしてもいいし、ローカルPCに一度落としてからサーバにFTPかSCPしてもいいだろう。

https://ja.wordpress.org/

ワードプレスを置きたいディレクトリへ解凍したファイル配置
※ルートディレクトリはnginxデフォルトのusr/share/nginx/htmlとする。
例えばhttp://yoursite/blogとしたければ、回答したファイルの中身全てusr/share/nginx/html/blogに格納する。
解凍ファイルはwordpressというディレクトリになると思うので、その中身全てという点に気をつけよう。

cp wordpress/* /usr/share/nginx/html/blog/

※ルートディレクトリでワードプレスを運用したい場合、デフォルトのindex.htmlなどが悪さしないよう避けておくこと。

新しく作成したワードプレスのディレクトリ(配下ファイルをすべて)のユーザグループをnginxにしておく。

chown -R nginx:nginx /usr/share/nginx/html/blog

配置したWrodpressファイル直下のwp-conf-sample.phpをcpしwp-conf.phpを作成し、編集。
この辺りは公式サイトのインストール手順を見たほうがわかりやすい

上記で設定でしたデータベースの名称、ユーザ名、パスワードを入力。

私は検証環境としてはマルチサイトで使用するほうが便利なのでこのような設定も。
下記の$table_prefix=の値をwp1_などに変更。

/**
 * WordPress データベーステーブルの接頭辞
 *
 * それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
 * インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
 */
$table_prefix  = 'wp_';

なお、上記リンクにもあるが、”認証用ユニークキー”は下記リンクから乱数を取得して変更しておこう。
https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

ここまで来たら、wordpress配置ディレクトリにブラウザからアクセスしてみよう。以下の画面が標準されるはずだ。

wordpress

後で変更もできるし、ソレらしく入力してインストールボタンをクリック!

できたんじゃないかな。

wordpress

糠喜びで、画像がアップできないぞ?という方はこちらもご覧ください。

Pax_tux

WordPress ファイルアップロード出来ない件、SELinuxが悪さしてない?

ZacoUshio

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link