• このエントリーをはてなブックマークに追加

MacOS X用パッケージマネージャHomebrewインストール手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Ushioです。

今日はMacOS X用のパッケージマネージャ「Homebrew」をインストールする手順について書きたい。

Homebrewって何?何するもの?

簡単に言うとLinuxで言うところのyumとかapt-getにあたる。

MacOSのターミナルはデフォルトbashで、ついついLinuxの流れでyum!エイヤ!とやりたくなるが、出来ないね。これまでMacPortsが有名だったが、最近はHomebrewが流行りのようだ。

Homebrewは直訳すると「自家醸造のビール」のことだ。brew installというコマンドでパッケージをインストールすると、完了時にビール絵文字が出るようになっている。…喉が渇く余計な機能。

Homebrew(ホームブルー)は、Mac OS Xオペレーティングシステム上でソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムのひとつである。MacPortsやFinkと同様の目的と機能を備えている。LinuxのDebianのAPTに似た使用感で急速に利用が広がっている。

HomebrewはMax Howellによって書かれ、Ruby on Railsコミュニティーで人気を得てきており、その拡張性を評価されている。

引用:Wikipedia Homebrew

スポンサーリンク
Sponsords Link

Homebrewインストール手順

beer-375974_960_720

無の状態だと少々時間は要するが手順は簡単。

◆私の環境

$ sw_vers
ProductName:	Mac OS X
ProductVersion:	10.11.4
BuildVersion:	15E65

◆見出し

  1. Java環境の確認、インストール
  2. Xcode(もしくはCommand Line Tools)のインストール
  3. Homebrewのインストール
  4. Homebrew初期設定
  5. おまけ HomebrewCaskをインストール

1.Java環境の確認、インストール

HomebrewにはJava Development Kitが必要。ターミナルでjava -versionコマンドを実行し環境確認。無ければ自動でポップアップが上がりインストール手順に進む。

$ java -vesion
No Java runtime present, requesting install.

無いね。

「詳しい情報」をクリック

Homeberg8

真ん中の画像の「Java DOWNLOAD」をクリック

Homeberg9

ページが変わりダウンロードページ。今回はJava SE Development Kit 8u91よりダウンロードする。適宜バージョンを選ぶように。

そして「Accept License Agreement」をクリックし、ラジオボタンを選択。

Homeberg10

選択するとこうなる。

あとは自分のOSにあったファイルをダウンロード。今回はMacOSX。

Homeberg11

ダウンロードされたパッケージを展開

Homeberg13

Homeberg14

インストールが開始される。淡々とインストールを進める

Homeberg15

Homeberg16

Homeberg17

Homeberg19

Homeberg20

インストールが完了したら再度ターミナルでjava -versionコマンドを実行しインストールされたか確認。

$ java -version
java version "1.8.0_91"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_91-b14)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.91-b14, mixed mode)

出来た。これでJavaはOK

2.Command Line Toolsのインストール

Command Line Toolsが必要になるが、Xcodeに含まれるためXcodeをインストール。

AppStoreでXcodeは無料で配布されている。

AppStoreでXcodeを検索、「入手」。インストールには15分程度要する。

Homeberg6

Homeberg7

Homeberg12

インストール完了、初回起動時はライセンス承諾のウィンドウが表示される。内容を確認しAgreeしよう。

Homeberg21

これでCommand Line Toolsの準備も完了。

3.Homebrewのインストール

いよいよ本題、Homebrewをインストールする。

まずは公式日本語サイトhttp://brew.sh/index_ja.htmlにアクセスする。

スクリーンショット 2016-05-05 16.37.56

中腹のスクリプトをターミナルで実行。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/Library/...
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
==> The following directories will be made group writable:
/usr/local/.
/usr/local/bin
==> The following directories will have their owner set to user:
/usr/local/.
/usr/local/bin
==> The following directories will have their group set to admin:
/usr/local/.
/usr/local/bin

Press RETURN to continue or any other key to abort
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local/. /usr/local/bin

WARNING: Improper use of the sudo command could lead to data loss
or the deletion of important system files. Please double-check your
typing when using sudo. Type "man sudo" for more information.

To proceed, enter your password, or type Ctrl-C to abort.

Password:
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown user /usr/local/. /usr/local/bin
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/chgrp admin /usr/local/. /usr/local/bin
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir /Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown user /Library/Caches/Homebrew
==> Downloading and installing Homebrew...
remote: Counting objects: 469, done.
remote: Compressing objects: 100% (426/426), done.
remote: Total 469 (delta 27), reused 272 (delta 17), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (469/469), 761.63 KiB | 24.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (27/27), done.
From https://github.com/Homebrew/brew
 * [new branch]      master     -> origin/master
HEAD is now at f653cb8 pull: fix references to renamed variable
==> Tapping homebrew/core
Cloning into '/usr/local/Library/Taps/homebrew/homebrew-core'...
remote: Counting objects: 3690, done.
remote: Compressing objects: 100% (3577/3577), done.
remote: Total 3690 (delta 13), reused 785 (delta 1), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (3690/3690), 2.84 MiB | 32.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (13/13), done.
Checking connectivity... done.
Tapped 3565 formulae (3,716 files, 8.8M)
==> Installation successful!
==> Next steps
Run `brew help` to get started
Further documentation: https://git.io/brew-docs
==> Homebrew has enabled anonymous aggregate user behaviour analytics
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
  https://git.io/brew-analytics

◆brew doctorコマンドでHomebrewの動作診断

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

イイね。
※MacPortsを既にインストール済みだと、「このファイル退かしておいれくれ」って警告が出るようですね。適当にmvしてね〜と指示までくれるようです。各端末の環境次第ですが、とりあえず指示どおりにすれば進められる。
yum update的にアップデートをしておく

$ brew update
Updated 1 tap (homebrew/core).
No changes to formulae.

これでインストールと確認は終了。

4.Homebrew初期設定

使用パッケージの優先度設定をしておこう。

Homebrewでインストールしたものは/usr/local/binに配置されるため、こちらに配置さ
れるパッケージが優先的に実行されるように/etc/pathsを編集。

$ vim /etc/paths
~~

/usr/local/bin    #←一番上に移動
/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin

これでHomebrewは使用可能だ

おまけ:HomebrewCaskインストール

HomebrewCask、直訳すると「自家醸造ビールの酒樽」なんでもビールだなおい。

Caskという名前のイメージの通り、Homebrewでインストールできるパッケージの貯蔵庫的なもので、パッケージ検索や管理、一括インストールなど便利な機能の詰め合わせ。

さっそくさっきインストールしたHomebrewでCaskをインストールする。

brew tap コマンドでcaskのリポジトリ登録

$ brew tap caskroom/cask
==> Tapping caskroom/cask
Cloning into '/usr/local/Library/Taps/caskroom/homebrew-cask'...
remote: Counting objects: 3628, done.
remote: Compressing objects: 100% (3571/3571), done.
remote: Total 3628 (delta 57), reused 817 (delta 35), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (3628/3628), 5.95 MiB | 184.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (57/57), done.
Checking connectivity... done.
Tapped 1 formula (3,596 files, 13.7M)

brew installコマンドで「brew-cask」をインストール。

$ brew install brew-cask
==> Installing brew-cask from caskroom/cask
==> Cloning https://github.com/caskroom/homebrew-cask.git
Cloning into '/Library/Caches/Homebrew/brew-cask--git'...
remote: Counting objects: 3408, done.
remote: Compressing objects: 100% (3368/3368), done.
remote: Total 3408 (delta 53), reused 526 (delta 19), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (3408/3408), 5.88 MiB | 81.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (53/53), done.
Checking connectivity... done.
Note: checking out 'b4c92f3658d47712aa6114fb29be50a763cf78ee'.

You are in 'detached HEAD' state. You can look around, make experimental
changes and commit them, and you can discard any commits you make in this
state without impacting any branches by performing another checkout.

If you want to create a new branch to retain commits you create, you may
do so (now or later) by using -b with the checkout command again. Example:

  git checkout -b <new-branch-name>

==> Checking out tag v0.60.1
==> Caveats
You must uninstall this formula. It is no longer needed to stay up to date,
as Homebrew now takes care of that automatically.
==> Summary
 /usr/local/Cellar/brew-cask/0.60.1: 4 files, 7.8K, built in 2 minutes 16 seconds

おぉ?有名なビール絵文字がでた。

スクリーンショット 2016-05-05 17.12.14

お仕事中の方には申し訳ないが一足先に私はビールを頂くとしよう。

caskでインストールしたアプリはデフォルトだと~/Applications
に格納される。そうするとLaunchpadでインストールしたアプリが管理出来ないためインストール先ディレクトリを変更しておく。
各自のシェルのrcファイルに下記を記述。

export HOMEBREW_CASK_OPTS="--appdir=/Applications"

以上だ。

別の機会で、Caskで出来ることなど記事にしたい。

ZacoUshio。

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link