• このエントリーをはてなブックマークに追加

映画レビュー「グラン・ブルー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グランブルー1

Huluで観る

こんにちはUshioです。

少し昔の映画ですが、とても良かったので紹介させていただきたい。

映画レビュー 「グラン・ブルー」

何で知ったかというと、別で紹介させていただいた「レオン」のジャン・レノが主演ということを知って観てみた次第。

自主評価

◆総合得点:70点

深く観て読み解く、という映画ではなく、映像と音楽、男のロマンを観て感じる映画だと思う。

◆ムードポイント

・笑える ★★☆☆☆
・悲しい ★★★☆☆
・感動する ★★★☆☆
・スリリング ★☆☆☆☆
・癒される ★★★★☆

ポイントは癒し。海の中でイルカと泳ぐシーンが美しい。音楽もとても良い。

グランブルー2

グランブルーイルカ

映画の概要、見所

映画の概要、所見

”フリーダイビングの世界記録に挑む2人のダイバーの友情と軋轢、そして海に生きる男を愛してしまった女性の心の葛藤を描く海洋ロマン。”

Wikipediaや映画紹介の一言目から引用。

深く見なければ見所は”映像美と音楽で癒し”と書いたが、それ以外の部分はスッキリしない面も多い。そのスッキリしなさが「海に生きる男を愛してしまった女性の葛藤」なのだろう。

まさに「仕事とあたしどっちが大事なのよ!」という女性に「いや仕事だよ」と言ってしまう男を描いている。女性目線で観たとするととても”もどかしい”、”そこちゃんとすべきだろ”となるだろう。

それが男でも女でも、「自分のロマン(人生)」を最大化しようとすると当たり前だが「自分勝手」になってしまうのでしょうね。

主なキャスト

ジャンレノ_グランブルー

◆エンゾ・モリナーリ (ジャン・レノ)

ジャン=マルク・バール

◆ジャック・マイヨール (ジャン=マルク・バール)

ロザンナアークエット

◆ジョアンナ・ベイカー (ロザンナ・アークエット)

見どころ

私個人で言うとやはり、「ジャンレノのこの感じ(キャラクター)が好き」というところが最大。

女性を扱いなれていないジャックマイヨールがどう生きるのか。男ってこういうところあるよね~と思う方もいると思うが、そういう部分を自然体で観てほしい。

つじつま合う合わないを言い出すと面白くないので、疲れた時、癒しを求めて観るのがいいと思う。気合い入れてみると「もう少しやりようあったのでは?」「そこ見過ごさず頑張れよ」とつっこみたくなるかもだが、「男のロマンの空気感映画」にそれはナンセンスなのである。

観たことがない方は是非。

Zaco Ushio

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link