• このエントリーをはてなブックマークに追加

【linux豆知識】コマンドラインでのショートカットまとめ(bash)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ctrl
zaco muraです。
私の業務では、1日の半分くらいはサーバをいじっています。基本的にはlinuxです。
そんな私がちょっとでも作業を効率化するために調べたコマンドラインでのショートカットを今日は説明します。

背景

ある日、開発部門の人と一緒に仕事する機会がありました。いつも私が作業しているサーバ上でのその人の作業を見ていると、コマンドラインがなんかよくわからない動きをしていました。聞くと過去のコマンド探したり画面をクリアしたりするショートカットがあるとのこと。なにそれ、なんかすごい。ということで、調べてみたわけです。

環境

OS : CentOS 5,6,7あたり
シェル : bash

よく使うショートカット

※以下、”Ctrl +”というのはキーボード上のコントロールキーを押しながら、という意味です。コピペに使うアレです。
※プロンプト上で(teratermで言うとカーソルが点滅している状態)で操作します

コマンド検索系
Ctrl + r : コマンドの履歴からキーワード検索(“reverse-i-search”と表示されるので、キーワードを入力する)
Ctrl + p : コマンドの履歴を1つずつ遡る(=”↑”キーと同等)
Ctrl + n : コマンドの履歴を1つずつ進む(=”↓”キーと同等)

画面表示系
Ctrl + l : 画面をクリアする(一番上の部分にプロンプトを移動させる)
Ctrl + s : 画面表示を停止させる
Ctrl + q : 画面表示を再開させる(Ctrl+sの後に実行)

プロンプト操作系
Ctrl + f : カーソルを1つ右に移動
Ctrl + b : カーソルを1つ左に移動
Ctrl + e : カーソルを末尾に移動(=’End’キーと同等)
Ctrl + a : カーソルを先頭に移動(=’Home’キーと同等)
Ctrl + d : 前方の1文字を削除(windowsにおけるDelキーのイメージ)
Ctrl + h : 後方の1文字を削除(=’Backspace’キーと同等)
Ctrl + w : 後方の文字列を1つ削除(区切り文字はスペース)
Ctrl + u : 後方の文字列を全て削除し、カーソルを先頭に移動
Ctrl + y : 削除した文字を貼り付け

まとめ

bashのよく使うショートカットキーをまとめてみました。
中にはこれって何のためにあるのか?というもの(Ctrl+sとか。押すと焦る)もありますが、
プロンプト操作系などはけっこう効率が上がります。(ホームポジションから手を離さなくてよいので)
わかっていても覚えるのが難しいですが、一度身に付くと便利なので一度試して頂ければと思います。

ではまた。

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link