• このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンのつぶやき「英会話奮闘記」その二

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

111013-N-TO330-241 AYASE, Japan (Oct. 13, 2011) Naval Air Facility Atsugi residents watch as Sesame Street characters Grover, Katie, and Cookie Monster sing and dance during a performance at Ranger Gym at Naval Air Facility Atsugi. The show, sponsored by the USO, encourages children in different ways of dealing with military life. (U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Apprentice Vivian Blakely/Released)

英会話奮闘記 前回の投稿はこちら

前回、英語の必要性を痛感したこと、”無料で英語を学ぶ”ということでYouTubeを紹介させてもらった。今回は”無料”ではないがHulu利用者に向けて英語学習に役立つコンテンツを紹介したい。

これまで効果が無かった英語学習方法

golf

当方、これまで英語学習には挫折を重ねてきた。その中で”私に効果がなかった”と思ったのが「英語の聴き流し学習」だ。聞き流すだけのスピード○○など、いろいろな教材がある。(ただしその特定の商品を否定する訳ではない。実際購入したわけでもないので)

聞き流すだけで効果がある、という触れ込みを聴いて、個人的には色々試してみた。高速の英会話を聴くことで耳が早い会話に慣れる、脳が活性化する、ということで音楽が趣味の当方は「音楽編集用ソフト」でTOEICのリスニング教材を数倍速に編集してiPodで通勤中聴いていた。

結果、英語力に変化がない現在。その訳はいくつかある

・そもそも英語への危機感がないことより「学習意欲」が不足

・聴き流しは本当に聞き流し

・半年~1年程度で飽きて途中辞めになった

birth

幼児は産れてから回りに飛び交う言語を聴き流しのように耳に入れて、その言語を習得している。ということを聞いたことがある。それは少し説明不足だ。幼児は幼児なりに「(何か言ってるぞ。知りたいぞ。)」と頭をその言語にFocusしていたはずだ。言葉を教える親も「こは何ぞ、こう言うのだぞ」と必死に伝えたはずだ。(Focusなんて英単語を駆使している所を見て、私の英語学習意欲の高さが伝わるだろう)

大人になった今、本気で聴き流す能力を身に着けているのだ。耳に入っているが、意識は携帯ゲームや携帯ニュースに集中しており、それは”耳に入っていないも同然”。ようするに、当方はそもそもの”聴き流し”を激しく勘違いしていたのだ。集中して聴き流す必要がある。

上記の裏返しだが、英語学習には下記の要素が必要となる。

・学習意欲 (危機感)

・聴き流すだけにならないコンテンツ

・飽きないコンテンツ

ということで最近試しているものがこれだ

Huluで英語学習 「セサミストリート」

sesami2

Huluで観る

ポイントは”英語字幕が出せる”ことだ。英語字幕が出せれば、あえてセサミストリートでなくてもよいだろう。ただし、私のように中学生レベルの英語すら怪しい人は、ネイティブ達が幼少のころ言葉を学ぶ番組というコンテンツがぴったりだと思う。

このシーンのこの言葉は何を伝えたいか、この単語は何を意味するのか

そういうことが学べる。

ただし、YouTubeと違って無料ではない。セサミストリートのためだけに月額千円弱を払うのは少し抵抗があるだろう。映画も見放題、という点で気になった方は、”ついでにチェック”してみてはいかがだろうか。

というわけで電車で通勤中セサミストリートを見ているのだが、少し回りの目線が気になる。一応、外見はセサミが似合うルックスではないと自分では思っているので「何この人、見た目に似合わずセサミストリート!」と見られている気がしてならない。そんな自意識過剰なこの頃。

Zaco Ushio

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link