• このエントリーをはてなブックマークに追加

マネージャ必見 山本五十六の名言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Isoroku_Yamamoto

プロジェクトマネジメントはチームマネジメント

こんにちは。Ushioです。

プロジェクトマネジメント、と一言で言ってもいろいろな要素がありますね。PMBOKやQCD、体系立ったPMにおけるお作法ももちろん大切ですが、ルールで統括する前にチームが纏まるか纏まらないかという壁が必ずある。

以前の上司(武闘家)が”自分が大切にしている”と教えてくれたとある名言を、当方もとっても気に入っているので紹介したい。

さっそくだが以下のようなものだ。

スポンサーリンク
Sponsords Link

山本五十六の名言

やってみせ、
言って聞かせ、
させてみせ、
褒めてやらねば、人は動かじ。
話し合い、
耳を傾け、
承認し、
任せてやらねば、人は育たず。
やっている姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず。

自分の解釈

ポイント

「やってみせ」

→自分がお手本となる実作業が出来る前提で発言する

「させてみせ、褒めてやらねば」

「任せて信頼せねば」

→言うばかりでなく、任せて、出来ていることを認める

人は誰だって「認められたい」願望がある。上司やマネージャから信頼を置かれることの快感?というかモチベーションの向上たるもの、他に代えられない。

逆にダメなのはこういうマネージャと思う

・言うだけ言って自分はしない

・非現実的なこと(指示)を言う

・人の×を数える

・「お前のことは信頼してない」と言ってしまう

マネージャとして、このような行動はとってもナンセンスですよね。

特に居る、「×を数える」人。例えば「遅刻した数」「何か失敗した数」をカウントしたがる人。

「はい、今週バツ2個めだぞ」

いらんいらん、そんなカウントいらん。どうせなら「○(マル)」を数えろ。

いかがでしたでしょうか。

プロジェクトを円滑に進めるためにも、まずは”チーム”をまとめたいですね。

Zaco Ushio

※山本五十六について

Wikipedia 山本五十六

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link