• このエントリーをはてなブックマークに追加

vimの自動補完機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

vim
zaco muraです。

最近、シェルスクリプトを書く機会がわりとありました。自分の場合はサーバ上で書いてそのまま実行、デバッグというように進めて行くので、エディタはもっぱらvimを使っています。そんな中、噂で他のエディタやIDEのことを聞くところによると、関数や変数を自動補完して表示してくれる機能があるとのこと。それがあったら打ち間違いとかも減るし、便利だなーと思ってました。
でもそれってもしかしてvimでもあるんじゃね?と思って調べてみたらやっぱりありました。今回はそのやり方とかをメモしておきます。

vimの自動補完機能

ファイル中の単語をソースとして、予測される文字列を補完してくれます。
やり方はインサートモード中にCtrl + nを入力します。(文字列の入力途中であれば、そこから先の文字列を候補として出してくれます。)
具体的にはこんな感じです。
自動補完

ちなみにプラグインやカスタマイズは不要です。vim自体の機能だけで使えます。
また、vimrcに書いておけば、毎回Ctrl+nを押さなくても自動補完してくれるようになります。
参考:http://io-fia.blogspot.jp/2012/11/vimvimrc.html

vimにはまだまだ自分の知らない機能があるようです。真のvimmerへの道は遠い。。。

ちなみにvimの他のオプションはこちらにも書いています。

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link