• このエントリーをはてなブックマークに追加

午前Ⅰ対策:mod2演算(モジュロ2演算)ってなんだったっけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IPA_logo

スポンサーリンク
Sponsords Link

mod2演算(モジュロ2演算)ってなんだったっけ。学生時代を思い出す。

こんにちは。Ushioです。

IPA情報処理技術者試験、高度共通午前Ⅰ試験の対策について、思い立ったものを書こうと思う。

(1+0+0+1)mod2 = ?

思い出せますか?モジュロ演算!

mod演算とは

ab(mod n) 

なんて形で定義されたりしますね。

簡単に言うと、とある数をnで割り算した”余り”の数を計算するもの。

上記の定義は例えば

9≡7(mod 2)

 どちらも”余り…1”ということ

よくわからん、という方、情報処理で頻出のmod2なんてのは、奇数か偶数かの数式と思ってOKかと思います。

(1+0+0+1)mod2 = 0  ※余り 0

(0+0+0+1)mod2 = 1  ※余り 1

(0+0+1+0)mod2 = 1  ※余り 1

(0+1+1+1)mod2 = 1  ※余り 1

(1+1+1+1)mod2 = 0  ※余り 0

高度共通 午前Ⅰではハミング符号の誤り訂正について出題歴あり

ハミング符号って?

2ビットまでの誤りの検出、1ビットの誤りの訂正ができるメモリ誤り制御方式。

うむ、詳しくは割愛。

出題されたのは、受信したxビットの符号語を、mod2演算、演算結果によって誤り訂正を行うもの。

情報処理の授業で習った内容を忘れて、就職して実務やっていても、使わないものは完全に忘れている。正直L2~L4の世界で生きているNWエンジニアには、実務上無縁といえると思う。

コンピュータの処理に詳しくのめり込んで勉強しないとかも。。

メモ書きでした。ではまた。

ZacoUshio

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link