• このエントリーをはてなブックマークに追加

teratermの”ホスト”欄でオプションを指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Teraterm
zaco muraです。

エンジニアが最もよく使うアプリケーションの一つがteratermだと思います。
もちろん私もよく使っていますが、接続先の端末によってtelnetだったりSSHだったりユーザ名が違ったり、、ということがよくあります。
もちろん、接続の都度その設定を変えるという方法もありますが、ユーザ名やポート番号を忘れたりすることがあり、何よりもめんどくさいです。
ということで、今回はホスト名とセットでオプションを記述する方法を書きます。

環境

・windows7 professional 32bit
・Tera Term Version 4.77

やり方

teratermを起動した時に最初に立ち上がってくる画面の”ホスト”欄にオプションを書きます。
teraterm
ここです。

書き方

以下のような書式です。

ホスト名 /オプション /オプション=”パラメータ”

※各項目はスペースで区切ります

よく使うオプション

自分がよく使うオプションを書いておきます。

オプション 書き方
接続ポート番号 ホスト名:ポート番号
telnet /nossh
SSH /ssh
ログインユーザ名 /user=”ユーザ名”
ログインパスワード /passwd=”パスワード”
チャレンジレスポンス認証 /auth=challenge
公開鍵認証 /auth=publickey
鍵の指定 /keyfile=”鍵ファイルのパス”

その他のオプション

teratermのヘルプを参照してください。

teratermを開く ⇒ 右上の”ヘルプ” ⇒ 目次 ⇒ マクロヘルプ ⇒ TTLコマンドリファレンス ⇒ connect

を見ればだいたい書いています。

スポンサーリンク
Sponsords Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZacoDesign

スポンサーリンク
Sponsords Link